宝石界の王ダイヤモンド

たくさんのダイヤモンドたち

宝石の王様、それはダイヤモンド

宝石の王様ダイヤモンドについて。

ダイヤモンドは炭素でできており、天然のものでは最も固い物質と言われています。しかし、炭素で出来ているため、加熱し続けると800から900度くらいの高温で気化、つまり消えてなくなってしまうのだそうです。ダイヤモンドが最初に発見されたのはインドですが、紀元前から限られた支配層だけが持つことのできる希少な石であったようです。近年において最も産出量の多い国というのはロシアで、他にもアフリカ大陸やオーストラリアなどで産出しています。産出量が少ないから価値があるのかと言うと、そうでもないようです。

正確な埋蔵量と言うのは公開されていない為分かりませんが、膨大な埋蔵量があるとも言われています。それはともかく、宝石の王様ダイヤモンドは女性にとって永遠の憧れです。今では婚約指輪には欠かすことのできない宝石のひとつとなっています。高価なイメージの強いダイヤモンドですが、その価値とは一体どのように決まっているのでしょうか。それには、宝飾用ダイヤモンドの品質を評価する国際基準である、「4C」と呼ばれるものがあります。4Cというのは、4つの評価基準の頭文字からとった言葉です。

まず、ダイヤモンド買取などの鑑定では、1つめのCarat(カラット)、これは宝石の重さの単位で1カラットは0.2グラムです。2つめはCut(カット)で、研磨のことです。このカット技術で美しさが変わってくると言われるほど重要な作業です。3つめはColor(カラー)で、色を表します。そして最後にClarity(クラリティー)、これは透明度を表します。無色透明に近いほど価値は高まります。一般的に、カラット数が大きいとそれだけ高価になると言えますが、これらの4C全ての基準をクリアしてこそ最高級のダイヤモンドということになります。しかし、そんな高級な宝石ゆえに模造品も多く出回っています。有名な模造品として「キュービックジルコニア」というものがあります。

これは、鉱物の硬さの尺度であるモース硬度がサファイヤやルビーなどに次いで硬く、屈折率も非常に似ているため、一般人では見分けがつきにくいとされています。表記では「CZダイヤモンド」とされている場合もあるようです。そんなジルコニアは、1カラット100円程度と比較にもならないくらい安価で売られています。そんな模造品と本物を見分ける方法はあるのでしょうか。見分ける方法として、エッジを見るという方法があります。ダイヤモンドは固く角が丸くなることはありませんが、模造品は摩耗で丸くなります。また、光をあてて鮮明に虹色に光る場合も模造品の確率が高いので気をつけましょう。

ダイヤモンド買取では確かな評価、査定にて価値を見積ます

What's New

2016/12/07
宝石の王様、それはダイヤモンドを更新しました

2016/09/23
宝石の王様、それはダイヤモンドを更新しました

2016/08/10
ダイヤモンド買取における4Cの基準とカラーについてを更新しました

2016/02/09
宝石の王様、それはダイヤモンドを更新しました

2016/02/02
宝石の王様、それはダイヤモンドを更新しました

2016/01/04
ダイヤモンド買取はダイヤが古くても大丈夫。購入した時から長年経ていても可能を更新しました

2015/07/27
ダイヤモンド買取の特徴とチャイニーズチェッカーや六芒星についてを更新しました

2015/07/27
宝石の王様、それはダイヤモンドを更新しました

2015/07/27
宝石の王様<ダイヤモンドを更新しました

2014/02/19
ブランドジュエリーを更新しました

PRサイト

超高額買取のダイヤモンド査定比較ランキング

無料オンライン宝石買取は信頼の高い高価買取専門店

どこよりも高く買取します。宝石なら買取専門買取