宝石界の王ダイヤモンド

たくさんのダイヤモンドたち

ダイヤモンド取扱い方法

ダイヤモンドの扱いについて

ダイヤモンドは、最も硬度の高い頑丈な宝石として知られていますが、ダイヤモンド取扱い方法についてはよく知らないという人も多いかもしれません。しかし、しっかりとした取扱い方法を知っておかないと、大切なダイヤを駄目にしてしまったり美しさを発揮できないということもあるのです。ダイヤの取扱い方法について正しい知識を得たいと思っている場合は、インターネットで情報サイトなどを調べてみると良いでしょう。まず、ダイヤはとても硬い宝石であるため、他の宝石などを傷つけてしまうということがあるのです。

また硬いということと割れにくいということは別物ですし、ダイヤの靭性は水晶と同程度なのであまり高くはありません。ダイヤは火災で燃えてしまうこともあり、燃えなくても表面が白く濁って使えなくなってしまうこともあります。通常身につけていても問題はありませんが、ダイヤには油性の物が付きやすく、油汚れが付くと輝きを落としてしまうので清潔な手で触れるようにしましょう。特にダイヤをカットした面が汚れていると光の反射が悪くなったり、インクルージョンが目立ちやすくなってしまうため、少しでも汚れが付いたらシリコンクロスなどですぐに拭き取ることをおすすめします。

そして、ダイヤの指輪などのアクセサリーを着用した後は、ぬるま湯に家庭用洗剤を薄めて入れ、歯ブラシなどを使って丁寧に磨けば簡単に輝きが戻ります。ですが、自分で手入れするのが心配な場合はアクセサリーを購入した店で洗浄してもらうのも良いかもしれません。手はたくさん動き回ったり、いろいろな物を触ったりすることが多く、それによって指輪を割ってしまう可能性もあるので、ダイヤの指輪をしている時は特に扱いに気をつけましょう。逆にダイヤの指輪が凶器となって他の物や人を傷つけるという危険もあるので、ダイヤの指輪をしている時はできるだけ注意を払って慎重な動作をする必要があります。

また、ダイヤの指輪と他の石の指輪を重ねて付ける場合、他の石とぶつからないように注意するという必要もあります。指に付ける場合だけでなくバッグやポーチなどに入れて移動する際も、その中でダイヤと他の石がぶつかり合ったり、ダイヤ同士がぶつかったりしないように注意し、それぞれのアクセサリーを離しておくようにしましょう。ダイヤの指輪は炊事をする時や洗濯、掃除をする時、スポーツや力仕事をする時などは外しておく方が良いです。

PRサイト

超高額買取のダイヤモンド査定比較ランキング

無料オンライン宝石買取は信頼の高い高価買取専門店

どこよりも高く買取します。宝石なら買取専門買取