宝石界の王ダイヤモンド

たくさんのダイヤモンドたち

ダイヤモンド買取における4Cの基準とカラーについて

近年盛んに行われるようになってきているダイヤモンド買取は世界的な需要の高まりに対応することを目的として行われるようになってきたサービスの一種です。 日本の一般家庭には使われなくなったダイヤを使用したアクセサリー類が非常に沢山眠っていると考えられており、それらをダイヤモンド買取という形で買い取ることにより、再び市場に流通させることを目的として活動を行っています。

日本ではダイヤモンドの原石が産出されることはありません。 しかし一般家庭で保有されているダイヤなどの宝飾品が不要となり売りに出されることで上質な宝石類を買い集めることが可能になっています。 この様な仕組みで現実的にダイヤを集めることが出来るため、この様な状況を都市鉱山と表現することがあります。 実際に日本の都市部ではダイヤモンド買取の様なサービスにより上質な宝石や貴金属を買取ることが出来るのです。

その様なダイヤモンド買取ですが、取引の相手は世界中に存在しています。 そのため買取価格というものは何らかの基準で決めなくてはなりません。 そのために使用されるのが4Cと呼ばれる国際標準での品質の評価基準です。

4Cとはダイヤの品質を示す4つの要素である重さを示すカラット、内包物や傷の有無に関連する透明度のクラリティ、研磨の技術などを評価するカット、そしてダイヤという宝石の色合いを評価するカラーを示しています。 ダイヤモンド買取の現場ではこれらの基準に基づいて判断が行われる仕組みになっています。

一般人でも聞いたことがある基準としてはカラットが有名であると言えるでしょう。 これは大きさをイメージさせる数値でもあり、一般的には大きいものほど価値が高いのです。 カットやクラリティは宝石に興味関心がないとあまり意識することがないかもしれません。 カットは研磨の技術を評価するものであり、クラリティは宝石表面の傷の有無や、結晶の中に大きな遺物を取り込んでいないかが焦点になります。

その中で目立つのがカラーという基準であると言えるでしょう。 一般的にダイヤと言えば無色透明をイメージしますのでカラーという言葉の意味について戸惑うかもしれませんが、一般的にダイヤは黄色く色づく傾向を少なからず持っているのです。 その黄色さがなければないほど品質が高いとされ、黄色くなればなるほど宝石としての価値が失われるのです。 ダイヤモンド買取で取り扱われる物の殆どは最高級クラスの品質であるため無色透明があたかも当たり前のように見えますが、国際的にはこの様な基準があるのです。

PRサイト

超高額買取のダイヤモンド査定比較ランキング

無料オンライン宝石買取は信頼の高い高価買取専門店

どこよりも高く買取します。宝石なら買取専門買取