宝石界の王ダイヤモンド

たくさんのダイヤモンドたち

ダイヤモンド買取はダイヤが古くても大丈夫。購入した時から長年経ていても可能

ダイヤモンド買取の場では、様々なダイヤが取引されます。中には、購入した時から年月を経たダイヤもありますが、ダイヤが古くても大丈夫です。古いダイヤにも利用方法や需要がありますので、ダイヤモンド買取での買取に問題はありません。

購入した時から何十年も経っているダイヤには、価値が無いと思われるかもしれません。しかし、世界に存在するダイヤの中には、神話の時代から受け継がれている物すらあります。ダイヤ自体は耐久性が高く、その価値自体は不変の物と言えるでしょう。

しかし、ダイヤ自体の価値は高くても、ダイヤのデザインは時代によって流行が異なるものです。この為、古いダイヤは現代の流行とは異なるデザインになっている場合があります。それなのに、何故古くてもダイヤモンド買取で買い取る事ができるのかとういうと、ダイヤはカットして形を変えられるという良さがあるからです。

ダイヤのカットは、基本的にダイヤがカットできる状態であれば何度でもできます。例えば、呪いのブルーダイヤとして有名なホープダイヤモンドも、元はフレンチブルーと呼ばれたフランスの至宝であり、もっと大きなブルーダイヤでした。フランス革命の中で、盗難の証拠を隠蔽する為に再カットされたのです。それでも、世界で最も大きなブルーダイヤとして、世界中で有名なダイヤとなっています。

このように、ダイヤはそのままでは流通しにくいものでも、再カットする事で新しいダイヤへと作り変える事ができるものです。ダイヤモンド買取で買取されたダイヤも、その一部は海外のバイヤーに購入され、外国の研磨地で再カットされ、新しいデザインのダイヤになります。そして、新しい市場で販売されるのです。

こうした世界的なダイヤの流通網が存在する為、ダイヤモンド買取で古いダイヤモンドを買い取ってもらえます。もちろん、古いデザインのダイヤにも、それ自体の需要がありますので、全ての古いダイヤモンドが再カットされるとは限りません。

ダイヤモンド買取を利用してダイヤを売却したいけれども、ダイヤが古くて取り扱ってもらえるかわからない方も居るでしょう。しかし、ダイヤそのものの持つ価値は時代が流れても変わりはありません。日本に過去流通したダイヤは品質の高いものが多い為、購入した時から年月が経っていても高額の査定を受けられる可能性があります。古くても大丈夫ですので、古いダイヤの売却を考えている方は、ダイヤモンド買取の利用を検討してみる価値があると言えるでしょう。

PRサイト

超高額買取のダイヤモンド査定比較ランキング

無料オンライン宝石買取は信頼の高い高価買取専門店

どこよりも高く買取します。宝石なら買取専門買取