宝石界の王ダイヤモンド

たくさんのダイヤモンドたち

ファンシーカットダイヤモンド

ダイヤモンドのいろいろなカットについて

ダイヤモンドのカットにはブリリアンカットなどが有名ですが、他のカットもたくんあるのはご存じでしょうか。ブリリアントカット以外は、ファンシーカットダイヤモンドと呼ばれており、こちらも大変な人気です。カットシェイプとカットにはさまざまなものがあるのです。宝石は、原石として発掘される時の形が様々で、だからこそこういったカットの技法やデザインが進化してきたのです。何万年もの時を経て、ダイヤモンドはその形や姿になったかと思うと、神秘的、かつ、ロマンを感じずにはいられません。シェイプとカットの種類には、たくさんの種類があります。まず、先にご紹介したいのが、エメラルドカットです。

名前からもわかりますが、エメラルドはよくこのカットを施されます。宝石の原石が大きい場合は、最もロスが少なく、それだけではなく優雅で、気品あふれるカットです。このカットには、素材の美しさが要求されます。このカットはクラウン(上面)に3か所のカットと、下面(パビリオン)に4か所のカットを規則正しくされております。シンプルかつ、洗練されたカットは、最近のモダンシンプルなハイジュエリーにも使われる技法のひとつです。オーバルカットなども人気のひとつです。オーバルカットは正面から見ると、ラウンド型をしたファセットカットになります。オーバルミックスカットとも呼ばれます。

マーキスカットはボートのような形をしたカットです。ファセットはブリリアントカットに仕上げられており、カジュアルに装いたい時にぴったりです。ペアシェイプカットは、涙のような可憐な形をしたカットです。洋梨の形をしてるのでペアという可愛らしい名前がついています。このデザインは、ネックレスにぴったりの形です。プリンセスカットは正方形、または長方形のブリリアンカットを施したものです。57もの面を持つカットは、21面がクラウン32面がパビリオンガードルが4面につけられております。他にもバケットカット、ハートカット、トリリアンカット、クッションカット、ヘキサゴンカット、スターカット、ロザンジェカットなど、さまざまなファンシーカットダイヤモンドがあります。

このようなファンシーカットダイヤモンドは、ブリリアントカット以上に人気の高いものがいくつもありますので、使うシーンや、スタイル、コーディネイトによって決めていくと良いでしょう。お店を訪れる時は、いろいろなカットの宝石を実際肌にのせてみて、一番フィットしたデザインを選んでいきたいものです。

PRサイト

超高額買取のダイヤモンド査定比較ランキング

無料オンライン宝石買取は信頼の高い高価買取専門店

どこよりも高く買取します。宝石なら買取専門買取